豊橋グリーンホテル TOPページ お部屋紹介・料金 交通・地図 御予約・空室情報 ラウンジ・シャギーLIVEスケジュール その他・設備 リンク集 お問い合わせ・予約キャンセル・変更

豊橋グリーンホテル Toyohashi Green Hotel
ようこそ豊橋グリーンホテルWebページへ!!
豊橋駅から徒歩2分のビジネスホテル
シングル5,200円(税別)より
ネット限定朝食付プラン 5,800円(税別)
無線LANでインターネット接続可能
ホテル直営バーラウンジ・シャギー

カリフォルニア > 「C」で始まるワイナリー > Colgin Cellars 【コルギン】:カリフォルニアワインのYANAGIYA - fff58

2020-01-14

【木箱選択可】 コルギン レッド・ワイン "IX(ナンバー・ナイン)エステート" ナパ・ヴァレー [2013]】[2015] (正規品) Colgin Red Wine IX Estate Red
【ナパ至高の】三部作
■三本で16度の100点を獲得する最強トリオ。
【Colgin Proprietary Red "IX Estate" Napa Valley 2013/2015】

+ ナパ史上初の同年号「三本」の満点同時排出者 +


△ 有難う御座います。お陰様でワイン・ランキング二冠達成!
(※カリフォルニア総合】ナパ 各赤部門一位:2013年11月8日(金)更新分)

ナパ・カベ最強の三部作。
飲む者に究極のエレガンスをもたらすネオ・クラシカル、『コルギン』。2018年10月現在、シュレイダーの18度に次ぐ、ナパ歴代二位、"全17回" もの【RP100点】を誇り、2010年に達成した「一年で三本の100点同時排出」は全米史上初の出来事でした。

因みにこの17度のうちの一度はシラーでの到達。これはナパ史上初のパーカー100点シラーでもあり、まさにヴァレーの頂点に君臨する生産者の一つと言えます。

IXレッド、カリアド、ティクソンヒルのカベルネ系三部作は何れもがパーカー・パーフェクト・ゲッターですが、上述17度のパーフェクトのうち、最多の7本を占めるワインがこちらの 『IX・エステート・レッド』。読み方は「ナンバー・ナイン」。単体ワインで7度のパーフェクトは、スクリーミング・イーグルの5回、シュレイダーCCSの6度をも凌ぎ、ハーランと並びます。

●そして今回、最新’15年の到着に合わせ、ワイナリーより直にライブラリー・ストックの’13年が蔵出しされました!

2013年より新体制へ。

2013年夏、満を持してコルギンの新社長に就任した人物がポール・ロバーツ。アメリカ・ソムリエ業界の最高権威であり、フレンチ・ランドリーのワイン差配人、ボンド・エステートの支配人を経て、コルギンにやってきました。1972年、テキサス生まれのポール・ロバーツは、大学時代にワインの魅力に取り憑かれ、ヒューストンでワインショップ勤務から始まり、ソムリエ経験を経て、2002年に世界で48番目のコート・オブ・マスター・ソムリエを取得。コンテストでも特筆すべき成績でクリュッグ・カップ優勝を果たすなど輝かしい受賞歴を経て、2003年にトーマス・ケラーのワイン・ディレクターとなり、ナパ・ヴァレーに移住しました。

三ツ星レストラン「フレンチ・ランドリー」のワイン監修を務めるなど、現在までミシュランの星を10個獲得し、全米でミシュラン星獲得数が一番多いソムリエという称号を得ています。2008年からボンド・エステートの支配人となり、世界中でボンドの知名度を上げることに邁進し、そして2013年よりその手腕を買われてコルギンの社長に就任しました。醸造家は元ファー・ニエンテの女流、アリソン・トージア(Allison Tauziet)。


▼コルギン・セラーズ(Colgin Cellars)
著名なオークション運営元として知られる「サザビーズ」(Sotheby's)のワイン部門コンサルタントを務めていたアン・コルギン女史(右下画像)と、奇しくもサザビーズと対立する競売会社「クリスティーズ」(Christie's)のオークショニアであるブライアン・コールの誘いでワイン界に足を踏み入れた当時の夫、フレッド・シュレイダーにより1992年に設立された 『コルギン・シュレイダー』。後に離縁した二人はそれぞれ自らのワイナリーとして 『コルギン・セラーズ』『シュレイダー・セラーズ』 を設立して別の道を歩み、そしてその双方が共にカリフォルニア究極カルトの称号、【RP100点】を獲得する…という今振り返ってみれば、恐るべきスーパー夫婦が実在していたこととなります(現在ではお二方ともに再婚なされています)。

栽培責任者にデヴィッド・エイブリュー、ワイン・メーカーは女帝ヘレン・ターリー女史を招聘し、その後醸造責任者のバトンは若手急先鋒のマーク・オベール(現在はマーク・オベールのアシスタントで元ファー・ニエンテのアリソン女史が)、さらにコンサルタントにDr.レイノーを擁する黄金チームが実現。そのタレント達にひけをとらぬ果実の母体はウルトラ・プレミアムばかりが犇くナパの超一等地プリチャード・ヒル。選り抜きの人選と卓越したフルーツにより究極のワイン造りが続けられています。コルギンで造られるカベルネ・ベースのワインは 『ティクソン・ヒル』 『カリュアド』 『IX・エステート』 の計3種で、その3本のパーカー最高スコアはそれぞれ【RP100点/RP100点/RP100点】と、なんと全作パーフェクト。場所も栽培状況も異なる3つの畑からの果実を用いながら、その全てが「完璧」とされます。確かにいずれも最高級のフルーツとはいえど、それら全てをこのレベルで揃えるとは、やはりコルギンが蓄積し続けてきた醸造技術が突出している事実を如実に示した結果と言えるでしょう。

真の一流ワイナリばかりが綺羅星の如く集うプリチャード・ヒルに鎮座する畑が 『IX・エステート』(左画像)。

エステートの名の通りコルギンが自ら所有する畑で、プリチャード・ヒル地区のセージ・キャニオン・ロードに位置します。お隣さんは嘗てのスペクテイター歴代No.1カベルネ、『デヴィッド・アーサー』。940〜1400フィートの高標高斜面にある所謂ヒルサイド・ヴィンヤードで、勿論栽培責任者はデヴィッド・エイブリュー。巨石が埋まる急斜面を開墾し、広さは50haほどありますが、カベルネ、メルロー、フラン、プティ・ヴェルド、シラーら植樹面積は僅かに8ha。コンパクトながらも醸造しやすいよう細部にまで神経を配り、豪華な最新設備が備わるワイナリーもここにあります。



ここからはシラーとこのレッド・ワインの二種が造られており、両作品が競うかのように個性をきらめかせています。幾重にも重なる複雑味はより深く、旨味としなやかなタンニンが折り重なります。驚くほど長い余韻を持ち、勿論今飲んでも美味しいのですが…やはり熟成により生まれるであろう更なる深みと気品の表出を待ちたいところ。

Wine Advocate #221(2015.10)より 【RP100点】 (’13)

「Another perfect wine from Ann Colgin and her winemaking team is the 2013 IX Proprietary Red Estate, a blend of 68% Cabernet Sauvignon, 14% Merlot, 10% Cabernet Franc and 8% Petit Verdot. An absolutely compelling wine, with notes of lead pencil shavings, spring flowers, blueberry, blackberry and cassis, it has the full smorgasbord of black and blue fruits, wonderfully integrated, toasty oak, acidity and tannin, a floral note that is unmistakable, and great richness, density and purity. It is an utterly exceptional wine and a tribute to not only a great vineyard, but impeccable winemaking and upbringing. It should drink well for 30+ years as well.」

Wine Advocate #233(2017.11)より 【RP100点】 (’15)

「Composed of 62% Cabernet Sauvignon, 19% Cabernet Franc, 15% Merlot and 4% Petit Verdot, the 2015 IX Proprietary Red Estate sports a deep garnet-purple color and nose of smoked meat, blackberries and black currants with suggestions of baking spices, dark chocolate, fertile earth, dried Provence herbs, cardamom and lavender plus a touch of cigar box. Full-bodied, rich, firm and restrained, it has a lovely earthy, soft-spoken style at this youthful stage, promising great things to come over the forthcoming 25-30 years.」

因みに「’13年は二年余分に熟成しているのに同価格なの?」と思われるかもしれませんが、’13年のほうが蔵出し価格が安く、それが値上がりしての現行年号への追いつき…となっています。また、割り当てが少ないのは実は’15年のほうで希少性こちらが上。熟成感なら’13年ですが…どちらもパーフェクト。甲乙つけがたい至高のワインです。

IXレッド、カリアド、ティクソン・ヒル…それはナパ・カベ最強のトリオ。

■表示数限り(最終在庫)です。
■パーカー監修アドヴォケイト誌100ポイント
■コルギンどれでも3本以上にて木箱発送

≪シュレイダーに次ぐナパ第二位、17度目の満点ゲッター≫
[RP100点] 
1〜4営業日にて出荷致します▼ 下記リストからご希望の商品をお選びください。
≪アイテム(年号)≫
●[RP100点] 2013年●[RP100点] 2015年
32
・数字=在庫本数です。
オリジナル木箱入り発送を   
本数 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • クール便
  • 店頭受取


ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話、 などでお問い合わせください。

Copyright(c) Toyohashi Green Hotel. All Rights Reserved.